水枕の効果

安眠枕はギフトにも

【健康をプレゼント】

大切な人にギフトを贈る機会は、意外と多いものです。心からの笑顔を見るためにも、相手を思いやるアイテムを選ぶのがベストではないでしょうか。

例えば、健康をサポートするグッズは、気遣いや思いやりを示すのに最適です。色々な健康グッズがありますが、おすすめは安眠枕です。

性別や年齢を問わず、幅広い相手にプレゼントできます。快眠は健康への第一歩です。


【安眠枕が相応しいギフトシーン】

上質な枕であっても、シーンによっては相応しくない場合もあります。

枕が贈り物として相応しいシーンを紹介します。

・母の日、父の日

いつまでも健康でいて欲しいという願いを、枕に込めることができます。特に美容をサポートするタイプの枕は、母の日に喜ばれるはずです。

クーラーが苦手な年配の方には、水枕タイプがぴったりです。

夏場でも喉(のど)を痛めたりせずに快適に眠れます。枕そのものだけでなく、快眠をプレゼントできるのがポイントです。

・出産祝い

親しい友人への出産祝いにも、枕は大活躍します。出産祝いと言うと、ついつい赤ちゃんのためのアイテムを選びがちです。

しかし、出産で一番大変だったのはお母さんです。

上質な枕は出産後の体を労わる、素敵なプレゼントの一つ言えます。

育児で寝不足になるケースも考えられるので、快眠をサポートするアイテムは魅力的なギフトです。

・引越し祝い

環境が変わると、寝つきが悪くなる場合があるそうです。

そんな時に安眠枕を贈れば、寝不足防止に役立つこと間違いなしです。

ただ、注意したいのが枕の色です。

火を連想させる赤は、引越し祝いにおいてはタブーとされています。

枕や枕カバーの色には気をつけましょう。

プレゼントにぴったりの安眠枕なら、当店にご用命ください。

オールシーズン通して、快適な眠りをサポートする水枕を取り揃えております。

夏場は氷を入れて氷枕として、冬場はカバーをかけて水圧枕としてお使い頂けるのがポイントです。

水と空気の量を変えれば、自分好みに高さ調節できるのも特徴的です。

オーダーメイドの枕に負けないフィット感を味わえます。

大切な人への特別な贈り物として、安眠枕を選んでみませんか。

枕と頭痛の関係

日常的に頭痛や首こり頭痛で悩まされ、頭痛解消法を色々試されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

頭痛には生活習慣やストレスなど様々な原因がありますが、合わない枕によって引き起こされてしまうこともあります。


・枕が合わないことも頭痛の原因に

合わない枕で首に負担がかかってしまうことで、頭痛が引き起こされるケースもあります。

頭痛が起こりやすいとされているのが、「不安定な枕」と「低すぎる枕」です。

枕が不安定だと首の関節が動揺し、また首や肩周辺の筋肉が力を入れた緊張状態になるため、寝返りが多くなって眠りが浅くなってしまいます。

同様に、低すぎる枕では横向き寝の際に頭が垂れ下がる傾向があり、首に負担がかかり眠りが浅くなるため、目覚めたときに頭痛や頭が重いなど不快な症状が出てくると考えられています。

また、低反発枕やふかふかで柔らかすぎる枕を使っている場合にも、頭痛が起こることがあります。

このような枕を使用していて頭痛に悩まされている方は、少し支持性が高い安定感のある枕に変えられることをおすすめします。


・首に負担がかかると熟睡できない

日中に疲労した首の筋肉は、睡眠中にゆっくりと休ませてあげるのが理想です。

しかし、枕が合わないことによって、休ませるどころか首に大きな負担がかかってしまうことがあります。

首に負担がかかっている状態だと、熟睡するのが難しくなります。

熟睡できないことで寝起きに頭痛がしたり、就寝中も首や肩の痛みで目が覚めてしまったり、目が覚めなくても眠りが浅くなることで疲れがとれないということもあります。

時間が経つとともに不快な症状が和らぐという場合は、枕に原因がある可能性が高くなります。

合わない枕は就寝中の姿勢を悪くしてしまうため、頭痛や肩こり、首痛など引き金になってしまいます。

不快な症状のある方は、使用されている枕の高さや硬さ、形状などを確認してみましょう。

当店では、水に包まれて眠るフィット感が特徴のS-sleep(エス-スリープ)を取り扱っております。

専門家による人間工学デザインを採用しており、骨格や体表面形状を研究から人間にフィットするように設計されています。

一人ひとりに合わせて高さ調節が可能で、貴方だけのオーダーメイド枕に仕上げることができます。

毎日の良質な睡眠にお役立て頂ければ幸いです

水枕の歴史

【健康は枕から】


肩こり改善や四十肩五十肩でお悩みの方は、まず枕から見直してみると良いかもしれません。

一口に枕と言っても様々な種類のものがありますが、おすすめは水枕です。

健康のキーワードである「頭寒足熱」をサポートする枕として、古くから親しまれています。


【水枕の歴史】


水を入れるゴムタイプの枕が日本に持ち込まれたのは、明治時代に開催された京都博覧会が最初だったそうです。

その後、大正時代前半には現在の形に近い国産の商品が発売されます。当初は水漏れや破損が目立ったようですが、シームレスタイプが開発されてからは機能性が飛躍的に向上しました。

昭和初期にインフルエンザが大流行した際は、多くの人が使用したと言われています。

ただ、昭和40年代になると保冷枕が、平成に入ってからはジェルタイプの冷却シートが登場します。

そのため水枕は一旦、表舞台から姿を消す結果となりました。

しかし、近年では繰り返し使えるアイテムとして、再び注目を集めています。

快適な眠りを実現したい人にとっては、心強い味方になってくれるアイテムです。



【進化は続く】


水枕の構造についてはほとんど変わっていませんが、機能性については多様化しています。

湯たんぽとしても使えるものや、アイスボール入りのものなど、現代のライフスタイルに合った商品がたくさんあります。

また、ハート型などデザインにこだわった商品も多く、若い世代でも使いやすいのがポイントです。

最先端の水枕なら、当店の通販にお任せください。

人間工学の視点を取り入れた、質の高い商品を販売しております。

夏場は氷を入れて涼しく眠れますし、冬はタオルやカバーで包んで水圧枕として活用できるのが特徴です。


頭にフィットする構造が、安眠へと導きます。

また、水と空気の量を変えるだけで、簡単に高さ調節ができて便利です。オーダーメイド枕の感覚でご利用頂け、水と空気を抜けばたためるため、旅行や出張にも手軽に持ち運べます。進化した枕を使って、安眠を手に入れましょう。

枕が合わない理由(仰向け寝の枕による首の支持)

外来で「枕が合わない」と悩まれ相談に来られる患者さんに
「現在、使用している枕の一番の不満はどんなことですか?」と
ヒアリングをすると

「仰向けで寝た時に頚椎をしっかりと支えられずに不安定な感じがする」
という意見が最も多いのです。

当研究所では、この現象が生じる原因を追究した結果として
“枕のトランポリン現象(仮称)”が原因と推察しました。


このトランポリン現象の画像から、
ウレタン素材等の連続性のある個体やパイプなどの個体粒子による枕をイメージして下さい。

赤色の矢印が後頭部に集中する応力であり、その圧力によって周辺(緑色の矢印部分)が引き下げられます。

するとこの場所に逆円錐の形状が出現しています。

この引き下げられた緑色の逆円錐部分は、本来は枕の材料が上方へ復元する反発応力によって頚椎を支持する目的で盛り上がらなければならない場所に相当します。


体表面を重力と大気圧で全面加圧されている状態を生理とする人間にとって

このトランポリン現象は、首を支える構造として不利な条件になることが
この断面イメージ画像から何となく理解できると思います。

ウレタン枕も低(高)反発枕もトランポリンが作用するため、一点に集まる後頭部の接触部の質量によって周辺が引き下げられる現象が必ず発生します。


また落下した黄色い粒子は、パイプやコルマ、そば殻などの個体粒子に例えられ、山積みされたものが崩れる現象が作用し、ウレタンのように盛り上がることはなく、加圧され部分には仰向けでも、横向きでも窪みが残存します。

この現象によって落下した粒子は、その素材が持つ弾性力のみの復元力しかないため、

特に上部頚椎(首)への支持力も乏しくなり、また、粒子状の物は左右からの均等な接触圧を導くことも不可能であります。


また、寝返りの都度、ご自身の手で枕の形を修正したりする行為が必要になり、現実的には覚醒要素となるため熟睡の妨げになるのです。


これら2種類の個体素材による概ねの枕においては
以下の実験に表示された圧力分散試験のような
首の部分の白く色が抜けた減圧分布図として
表現されます。

しかも、これらは高額の枕であり、
形状特性として
首の部分を過剰なほどに盛り上がらせた

俗称:ネックピロー系と呼ばれるものでも、
この空白の部分で示されるように圧力が抜けてしまうのです。

ところが、首コリや他の首周辺の症状やその他の頚性頭痛や頚性めまい等の不定愁訴に対して、
最も関連性があり重要な部位として捉えなければならない場所が上位頚椎(第1頚椎から第3頚椎)なのです。

例えば、この図で示すように赤い丸の部分の関節に隙間ができたりすることです。

しかし、一般的な枕はこの図のようなトランポリン現象が作用し緑色のラインで描くように上位頚椎部分(ピンク色の○部分)が非接触あるいは減圧接触してしまうため違和感が発生しやすいのです。

そこでS-sleepは、


この上図のように、
後頭部の球形状という特性が原因となり、
既存の枕では、いずれにしても枕の一箇所に頭部質量が集中するのであれば、

その応力を逆利用する方法として

図のようなパスカルの原理を利用し頚椎側に水を流動させ圧力を移動させる方法を研究し実現させました。

このパスカルの原理により、
今まで減圧支持していた首の裏の不安定な状態を克服し、

反対に上部への盛り上がる作用が機能するため
最も必要である上位頚椎の加圧機能を発生する仕組みを導きました。

一般的に仰向けの状態になると頚椎のアーチ形状から図のような空間が発生します。


このような空間の類似構造に石橋等のアーチ橋があります。

その築造方法は下から支持する支保工という構造物の上に左右から配列されてゆき最後に楔石を挟み込み、

その後に支持していた台(支保工)を解体してアーチの空間を作成する施工法であり、

アーチの修復方法も頚椎の整復方法も基本的な原理は同様です。


したがってS-sleepは、

頚椎の整復概念等や上述したアーチ形状を修復する過程の内容を相対的に機能させるため


ストレートネックや様々な形状の頚椎に対し
椎関関節が存在する下方から伸張性の高いポリウレタン膜が個人の形状に内部流体が流動変形し、オーダーメイドに形状を合わせたうえで、さらに表面が膜張力を形成し頚椎の関節面を全面接触によってフィットさせます。

さらに、その後は
水の非圧縮性流体の特性から安定した水圧が
加圧効果を促すことを目的に開発した
過去には存在しない新たな枕なのです。

日々のデスクワーク等による肩こり、首コリや作業負担や交通事故やその他の外傷によって無理している関節に対し、
その負担を取り除く目的の首を
下から包み込むように支える枕で
治療効果も期待して
就寝されることをお勧めいたします。


その日のうちに枕で修復する… 

                  by S-sleep

美容枕としての効果

人間は動物性タンパク質によってできています。タンパク質は、卵やお肉と同じで熱を加えると硬くなったり、色が変わったりします。これはタンパク質の凝固変性といい、性質が変わってしまう現象です。
 したがって夏の炎天下やドライブ等は、特に太陽からの熱を浴びることで日焼けによるシミなどの原因になり、お肌の天敵に相当するのであります。

例えば、スーパーでは鮮魚が氷の上に並べられております。また料亭などでも、お刺身が氷の上に載せられて参ります。
 これは、氷の融点が0度であるため、お魚が熱によって変性する速度を遅らせて、鮮度を可能な限り保たせようにする心遣い(おもてなし)であります。
 この原理は生物学的不活化といい、簡単には、そのままの状態で留めておく作用であります。
 よって、私たち人間にとっても肌や顔を冷やす作用は、年を取らせずに、肌がそのままの状態を保つことにも繋がり、これ以上のアンチエイジングはないといっても過言でない程の美容効果なのです。

S-sleepは日焼けした晩に、その日のうちに就寝時間を用いることで、数時間もの間を簡単に楽をしながらケアすることに成功させました。水枕が接触した部分から日焼けした肌の熱を奪い保護することを目的といたしました。
寝ながらエステサロンに行っている感覚で毎日ケアが可能となるわけです。
 さらに S-sleepは、熱伝導性の高いポリウレタン素材のため、枕の生地の表面から、眼には見えない極微量の水分が外に出て、蒸発しています。
この作用が肌に僅かな潤いを与えます。
ぜひ夏の暑い季節に、S-sleepの中に朝まで残る程の沢山の氷を入れて寝てみて下さい。  
ピチピチの少し引き締まった頬に蘇ってくるかもしれません。 (個人差があるため確約はできません。すみません。)

顔のむくみ、枕跡を抑制する水枕



S-sleepは氷を入れない時には、ピローカバーを使用しない方が水枕からの熱の伝導性が高いため、熱を排除する効果が高くなります。

基本的には、頭頚部や顔面など水枕と接触することになるため、その水の温度によりますが、S-sleepが体の深部温を奪う作用を促します。

水枕内部で流動変形することで密着し、水圧によって広い面積でフィットして圧迫することになります。

したがって、顔の浮腫みを散らす作用を促しておりますので、小顔への誘導枕としても目的に加え開発いたしました。

また、ピローカバーを使用しないため枕跡がほとんどできません。

(その後は、S-sleepのお手入れ方法をご確認のうえ、定期的に中性洗剤で枕の生地を洗浄して下さい。)

しかし、通常の枕では、朝目が覚めて洗面所で鏡を見た時に頬にクッキリとまくらジワが着いていたことはないでしょうか?

そして、その枕跡(まくらジワ)がお昼頃まで消えずに恥ずかしい思いをしたことがありませんか?

この現象は普段から顔に浮腫み(むくみ)がある方に多い傾向と考えます。腫れている場所に対して、最も効果的な治療は冷却と圧迫です。
S-sleepは冷却も圧迫も同時にできる枕なのです。顔のむくみや頭が厚い歯が腫れて頬まで膨らんでしまうことがよくある方は、上図ような横向き寝でS-sleepに頬を当て、水に包まれ圧迫する感じで寝て見てください。
この場合は、特にスーパーフィットタイプ以上では、枕の裏面の空気室の機能のよって皮膚との接触面積がさらに増加させることができ有効です。
また、冬場は湯たんぽで足元を温めると寝具環境内で頭寒足熱による温度の高低差が発生し体循環が促進されるので更に効果的です。


アイピロー&鼻腔冷却機能付き水枕の効果

最近、公共交通機関を利用すると概ねの方がモバイル端末を覗き込んでいます。そして、その傾向は拡大しております。

また、パソコン時代の現代では、眼の疲れやドライアイの症状を訴える人も非常に多くなりました。

市場では、アイピローも人気が高くなっております。

日本中で大勢の方が眼を酷使し、充血させているからと推測し、今後、人類は眼の疾病や問題を多く発生するのではないかと危惧いたしております。

さらに、アレルギー人口も増加し、花粉症で眼を擦り、また腫れ、痒みで赤く炎症を起こしている方も見かけます。

また、鼻炎の方も同様であります。

このような方々にお勧めしたい枕がS-sleepのパーフェクションタイプです。

上図のように氷だけを入れて冷却します。冷たさはハンカチ等で加減しても構いません。

脳神経が12本存在する中で5本の神経が眼に関係しております。

12分の5という比率は約半分であり、眼が“知”に関しても非常に大事ということをこの数字が象徴していると考えるわけです。

「眼は口ほどにものを言う」という諺がありますが、眼は物事の観察から脳に情報を入れ把握する経路として大変重要であり、また、心の現われにもなります。

今後も酷使する眼を「キープする」という意味でも冷却を勧めます。


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

ページトップへ