送料について:必要になる地域は、北海道・沖縄・各県の離島・一部の山岳地帯等が対象となります。

枕以外の開発・販売を始めました。

枕の選び方

顎関節症と枕について

顎関節症の方が枕を選ぶ際には、
横向き寝になった時に枕が顎をどのように接触あるいは支持しているのかが問題となります。

枕の素材が硬いもしくは接触感が強い場合は、
枕によって顎関節が下から突き上げられ顎関節にストレスを加えます。

また、枕の素材が柔らかいもしくは接触感が弱い場合も、約1キログラムある下顎の質量により、
アゴが下にダラリと重力で垂れ下がり、顎関節にストレスを加えます。

したがって顎を保護するには、枕が顎を突き上げず、また、落下させずに支持する機能が必要であります。


これは、かなり的確な圧力が必要となり枕開発では大変な難問でありました。

しかしS-sleepは、パスカルの原理で流体(水)が変形し、水圧により包み込むことにより、顎関節(顎円板)および下顎骨を下から突き上げず、また落下させない支持をいたします。

また、その支持する力学的な問題としては、
S-sleepが人間の比重値とほぼ同等の比重値の1で構成される水の枕であります。

比重がほとんど変わらない物どうしの接触は、
基本的に違和感が発生しない圧力を再現することができます。

それに加え、S-sleepは、枕の表面を担うポリウレタンの比重値も約1.1であります。
そのため、枕の構成する内部と外部の全ての素材が接触時に違和感が発生しない事を考えて、素材を選択しているので、高確率で的確に支持することを目的に開発いたしました。


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

ページトップへ