フィットする枕の条件

横向き寝でもフィットする枕。肩こり症は横寝の高さに注意!

横向き寝(側臥位)をよくされる方は、肩こりや首コリの原因になりやすいので注意が必要です。
それは、このような釣りのイメージだからです。(側臥位での頚椎釣竿化現象)


ある程度の許容範囲はありますが、横向き寝では、概ね自分の脊柱のラインと顔面の中心のラインが一直線になることが理想です。

枕の選び方参照)

その理由は、人間は鎖骨という骨によって肩幅が形成されており、また、人間の骨格は横から見ると平べったい特徴があります。

すると、横向き寝は、仰向け寝(仰臥位)のように敷布団との接触面が広くならず、肩には局所的な応力が集中するため、弾力性に乏しい敷き寝具などでは肩の関節にも悪影響を及ぼし易くなります。(肩関節周囲炎いわゆる四十肩や五十肩にも要注意です)

 さらに、その肩が支点となり、肩幅の存在が影響して、首の付け根から肩幅分の高さから頭が落下する仕組みが発生するのです。

この現象は、防波堤から竿に餌と重りを付けて、海に投げ込んだ状態に似ています。

低い枕で横向き寝をした状態は、それぞれ肩が竿を握る手・頚椎が竿・魚(大物)が約5キロの頭に相当します。

頭が下がり、その竿に魚(大物)がかかり竿がしなっている現象と同じなのです。
それは、このような状態です。

その結果、横向き寝では無意識に、

自分の手や腕を挟むことで落下を抑制する高さを補い、苦痛な状態を緩和させたりする姿勢などが見受けらるのです。

そこで、しなっている竿が折れないように網(タモ)で魚を掬う必要があるわけです。その網(タモ)の役目がです。

竿は真っ直ぐの状態が負荷がかかっていない安定した正常の状態です。
したがって、側臥位での理想的な就寝姿勢も、背骨と頚椎と顔の中心のラインが一直線になる状態が望ましいわけです。

この骨格への負担を考慮して、横向き寝では、直立姿勢と同じ上半身の姿勢が保たれていることが理想と語られる所以なのです。

また、反対に枕が高すぎた場合も、頚椎が反対の方向(上の方向)にしなるため同様の負担がかかります。

しかし、敷き寝具の環境が個人で異なる条件があることに対して、万人が側臥位でもフィットする枕の高さを決定することは、大手の枕開発をしている研究者達も非常に困難であるのです。

それが、市販の多くの枕にS,M,L等のサイズや、薄いスポンジなどを何枚か挟み込んで自分の寝具環境に合わせて再び調節する等の補足が必要となる結果です。

(S-sleepは流体によって容易に調節ができることを研究して開発して参りました)
その結果がこの調節機構です。
水と空気の2つの量で調節が可能です。

枕を選ぶ際には横向き寝でも合わせられることにご注意されて下さい。


コメントする

名前

URL

コメント


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

ページトップへ