肩こり首コリと枕

肩こり首こり解消法

多くの人が悩まされている肩こり・首こりの原因は様々です。原因を知り、肩こり・首こりを解消していきましょう。

《肩こり・首こりの原因》

・姿勢が悪い(猫背や顔が常に下を向いている状態など)

・同じ姿勢で長時間いる

・パソコンや携帯電話を見続けることによる疲れ目

・慢性的な運動不足

・精神的ストレスが続く

・枕が合わない、寝方が悪い

・内臓の疲れや病気から

・骨格の歪み

《肩こり・首こりになる人が多い職業》

上記に挙げた原因から見ても、肩こり・首こりになる人が多い職業は「オフィスワーク(デスクワーク)」です。

長時間同じ姿勢で椅子に座りっぱなし、身体の筋肉は固まってしまい血液の循環も悪くなり、パソコンを使い続けることで疲れ目もひどく、肩こり・首こりからくる痛みのストレス、また仕事の精神的ストレスが加わり、慢性的な肩こり・首こりになってしまいます。

《解消法・予防法》

肩こり・首こりの解消法・予防法には下記の方法があります。

「同じ姿勢を長時間続けない」

首を後ろに反らしたり、首や肩を回したりすることは危険です。1時間に1度は立ち上がり、両腕を振ってオフィスの中などを歩くと、骨盤から背骨にかけての関節が少しずつ正しい位置へ動きます。歩行には全身の骨格が動くとともに緊張した筋肉も動き、血液循環やリンパ還流も促進されるので肩こりや首こりの予防となります。

「目を休ませる」

目薬をさすのも悪くはないのですが、遠くを見たり、蒸したタオルを目の上に乗せることも気化熱の原理から有効です。しかし、充血した目を冷却することは簡単な方法であり非常に効果的です。パソコンの光調整などをして自分の見やすい、目の疲れにくい明るさにするのも良いでしょう。しかし、やはり過剰な光刺激が目から入力されると、眼球は脳の一部であるため脳の温度が上がり深部体温も上昇するため長時間のパソコン使用は控えましょう。

「適度な運動を心がける」

運動不足から肩こり・首こりになる人もいます。それは血液の流れが悪いことが原因かもしれません。散歩や軽い運動で、筋肉を解きほぐし柔らかくします。そこで、最も有効な運動が持続的な歩行です。歩行の時間を長くすることによって全身の骨格や筋肉がバランスよく整い始めます。また、関節や筋肉の緊張がほぐれると全身の代謝や循環がスムーズになります。適度な運動は気分転換にもなりストレスも和らげてくれます。

「睡眠の仕方を改善する」

睡眠時に良いとされるのは、骨格的に負担の少ない基本的な仰向け寝時間の充実と、必然的に行われる寝返りによって身体が動くことで、血流の停滞を防ぐとともに、関節も動かすことが局所的に負担のかかる関節の固定化も抑制されます。それには自分に合った寝具が大切です。その寝具の中でも「枕」が重要だとされています。硬さ、高さ、蒸れ、首の安定性、圧力集中などの様々な条件から、合わない枕は、寝苦しさとなり過剰な回数の寝返りを誘発してしまい、熟睡が阻害されていることがあります。

当店では、肩こり・首こり解消枕として「水枕」をおすすめしています。人の身体の構造と良質な睡眠を研究してきた当店の水枕は、高さ調節もでき、オーダーメイド枕のように、ひとりひとりに合わせることが可能です。

肩こり・首こりがひどい方に正しい睡眠をお届けすることができるおすすめの枕です。

「内臓を元気に」

内臓が弱っているとそこから肩こり・首こりになることがあります。内蔵を元気にするためには睡眠の質が大切です。良質な睡眠によって成長ホルモンを促しましょう。そのためには深い睡眠時のノンレム睡眠が重要です。また、深い睡眠時には深部体温(脳や内蔵の温度)が低下しており、動物が冬眠している状態のようになります。このノンレム睡眠時には免疫作用が活性化されます。また、食生活の乱れや睡眠不足が原因となる場合もありますので生活改善や睡眠や寝具環境の見直しも必要です。


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ