枕の選び方

妊娠と睡眠

妊娠中は体が熱っぽくなるため、なかなか寝つけないという方が多いようです。妊婦さんにとって体温の調節は、免疫的にも注意が必要です。妊婦さんはのぼせないように頭部を涼しく、足元を冷やさないようにする「頭寒足熱」が大切です。

【なぜ妊娠中に熱っぽくなるのか】

女性は月経の後の排卵期に、黄体による働きで平熱よりやや体温が上がります。通常ですと次の月経が始まる時に体温が下がりますが、受精して妊娠状態になるとエストロゲン・プロゲステロンというホルモンが分泌されるため、体が熱っぽくなるのです。また、胎児の成長と共に熱量も増えます。

【日中の生活】

妊娠を維持するために分泌されるプロゲステロンは、睡眠を促すよう働きかけますので、常に睡魔に襲われている雰囲気になります。もちろん個人差はありますが、人によっては耐え難い眠気が起こるほどです。妊娠初期にみられる睡眠障害のひとつとされています。これにより日中、頭がぼんやりしてのぼせることがあります。

【夜寝つけなくなる】

プロゲステロンよりも、エストロゲンの分泌量が増加する妊娠中期は、初期よりも安定した睡眠が得られますが、臨月が近づくと共にプロゲステロンの分泌量が減少していきます。エストロゲンには自律神経をコントロールする働きがあるため、深い睡眠が得られなくなり途中覚醒が多くなります。何もしなくとも暑くて寝つけない場合、ストレスが蓄積されますので、改善策が必要となってきます。

お腹が大きくなってくると、仰向けで休むのが辛くなりますので、抱き枕を利用される妊婦さんも多くいらっしゃいます。横向きで休む時、抱き枕などにも合わせて背骨と顔の中心軸が一直線になるように高さ調節がしやすく、快適な眠りをサポートする安眠枕はおすすめです。当店で販売している安眠枕、S-sleep(エス-スリープ)は、人間工学デザインを採用した水枕です。水に包まれているようなフィット感が、熱っぽく寝つけない妊婦さんをサポートします。


営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ