水枕の効果

顔のむくみ、枕跡を抑制する水枕



S-sleepは氷を入れない時には、ピローカバーを使用しない方が水枕からの熱の伝導性が高いため、熱を排除する効果が高くなります。

基本的には、頭頚部や顔面など水枕と接触することになるため、その水の温度によりますが、S-sleepが体の深部温を奪う作用を促します。

水枕内部で流動変形することで密着し、水圧によって広い面積でフィットして圧迫することになります。

したがって、顔の浮腫みを散らす作用を促しておりますので、小顔への誘導枕としても目的に加え開発いたしました。

また、ピローカバーを使用しないため枕跡がほとんどできません。

(その後は、S-sleepのお手入れ方法をご確認のうえ、定期的に中性洗剤で枕の生地を洗浄して下さい。)

しかし、通常の枕では、朝目が覚めて洗面所で鏡を見た時に頬にクッキリとまくらジワが着いていたことはないでしょうか?

そして、その枕跡(まくらジワ)がお昼頃まで消えずに恥ずかしい思いをしたことがありませんか?

この現象は普段から顔に浮腫み(むくみ)がある方に多い傾向と考えます。腫れている場所に対して、最も効果的な治療は冷却と圧迫です。
S-sleepは冷却も圧迫も同時にできる枕なのです。顔のむくみや頭が厚い歯が腫れて頬まで膨らんでしまうことがよくある方は、上図ような横向き寝でS-sleepに頬を当て、水に包まれ圧迫する感じで寝て見てください。
この場合は、特にスーパーフィットタイプ以上では、枕の裏面の空気室の機能のよって皮膚との接触面積がさらに増加させることができ有効です。
また、冬場は湯たんぽで足元を温めると寝具環境内で頭寒足熱による温度の高低差が発生し体循環が促進されるので更に効果的です。



営業カレンダー
  • 今日
  • 定休日
  • 午後定休日

下記にメールアドレスを入力し登録ボタンを押して下さい。

変更・解除・お知らせはこちら

ページトップへ